廃車にする際に自動車の税金は戻ってきますか?

廃車にする際に自動車の税金は戻ってきますか?

廃車買取の税金還付

 


廃車手続きをしたら税金や自動車税は戻ってきますか?

廃車手続きをする際に自動車の税金が戻ってくるかどうか......

 

それは

 

廃車買取の税金還付
廃車手続きをする時期によって変わってくる

 

と言えます。

 

自動車税というものは、毎年4月1日の時点で自動車を所有している人に対して課税されます。

 

基本的に1年単位で納付が義務付けられていますが、支払いに関しては5月中の納付が義務付けられています。

 

毎年春になると納付書が送付されてきますよね。

 

以上を踏まえて自動車税を返してもらうためには、以下の3つの条件があります。

 

 

自動車税の還付の3つの条件とは?

 

 

 

1.いつ廃車にするか?

 

 

廃車をした車の自動車税は、納税金額を、廃車手続きをした翌月から3月末までの残り月数で、月割りをした金額が戻ってくる仕組みになっています。

 

例えば、自分の車を7月に廃車をした場合は、翌月8月から3月末までの8か月分の自動車税が戻ってくることになります。ちなみに、3月に廃車した場合は、税金は戻ってきません。

 

 

2.地方税などの他の税金の滞納はないか?

 

 

上記のように自動車税は廃車の手続き時期にもよりますが、廃車手続きをすれば自動的に還付してもらえます。

 

しかしもし、住民税や事業税など、他の地方税を支払っておらず、未納の税金があるなら話は変わってきてしまいます。

 

税金の未納分があるなら、返金される自動車税はまず未納分に充てられます。それを差し引いた額が手元に戻ってくることになります。

 

ですから、未納の税金があるなら自動車税は最悪0円、戻ってこないという事態も起こりえます。

 

 

3.軽自動車は自動車税が戻ってこない

 

 

軽自動車の場合は自動車税は戻ってこない仕組みになっています。
軽自動車税額は7,200円と低いので、自動車税は返金してもらえない制度なんですね。

 

 

 

 

 

4月に廃車をした場合は?自動車税は支払う必要がある?

 

自動車税は前述のように、4月1日時点で自動車を所有している人が対象で、納税義務が生じます。

 

ですから、4月に廃車を予定している場合、一旦は1年間分の自動車税を納めないといけなくなります。

 

一旦は一年間の自動車税を納税しなければいけない

 

とりあえず納税をした上で、廃車後に月割りで返金されることになります。
無駄な税金を支払わってしまうことに・・・

 

廃車をするなら、3月中に廃車手続きをするほうが良いですね!

 

 

廃車買取の相場 TOPページへ行く